コンタクトレンズの個人輸入サイトは1箱単価で決めてはいけない理由

1箱が安くても合計金額が高くなる理由

コンタクトレンズの個人輸入は、海外で日本人が運営する代行業者を利用すると、ふつうの通販と同じように簡単に注文できます。

関連記事 コンタクトレンズの個人輸入まとめ

欲しいコンタクトレンズを注文する時、複数の個人輸入の代行業者を見比べますが、注意しないといけないのは、1箱単価で決めないこと。

例えば、1箱1,600円の商品を4箱買えば6,400円のはずですが、実際の総額は7,500円になったりします。

この1,100円の差は、送料や手数料などの諸費用です。諸費用がいくらかかるのか知らないと、割高になってしまうかもしれません。

1箱1,800円でも諸費用無料の販売店だと4箱で7,200円。単価は200円高くても、合計金額は安くなります。

コンタクトレンズ個人輸入の総額計算方法

処方箋不要でさらに安いのが個人輸入のメリット。わざわざ高い料金で買うのは悔しいですよね。

当ページでは、諸費用の有無や料金によってどれくらい価格が変わるのか、プロクリアワンデーを例にして紹介します。「諸費用を無視してはいけない」という感覚をぜひつかんでください。

特に、自分で複数サイトの価格を調べるなら必須の作業です。

プロクリアワンデーで良ければ、「プロクリアワンデーの最安値は?」のページで諸費用込みの価格比較を紹介しています。

送料・支払手数料・注文手続き手数料で総額が変わる例

個人輸入を代行する海外通販サイトには、送料・支払手数料・注文手続手数料などの諸費用を加算する店と無料の店があります。

諸費用がかかるからといって、必ずしも支払いが高くなるわけではありません。これがややこしい点でもあります。

ここではプロクリアワンデーで実際に出ていた価格を例にして紹介します。
2箱セット、4箱セットなどのセット割引も適用しています。

諸費用込みの価格例

参考1を例にすると、1箱単価はコンタクト通販.comが1番安いですが、2箱、4箱で総額を計算するとグッドレンズの方が安いという結果になりました。

この2店の場合、差が出たのは送料です。グッドレンズでは、送料のほかに注文手数料も加算されるので、総額は高くなりそうですが、送料が安いため総額が安くなります。

先ほどの表をもう1度見てみます。次は参考2の例です。

諸費用込みの価格例

ベストレンズの1箱単価は7番目です。これだけ見ると安くない店に思えますが、2箱総額では2番目の安さ、4箱、8箱では3番目の安さでした。

ベストレンズは送料や注文手数料が無料なので、1箱単価が高めでも総額が安くなるのです。

これが表題にした「1箱単価で決めてはいけない理由」です。

各店の諸費用

 送料
(最低送料)
注文
手数料
後払い
手数料
代引き
手数料
グッド
レンズ
1箱130円
(300円)
総額の
5%
200円代引きなし
ベスト
レンズ
無料無料無料代引きなし
レンズ
スマイル
1000円
固定
無料無料購入金額別
レンズ
ラボ
無料無料無料購入金額別
コンタクト
通販.com
1箱130円
(540円)
無料200円代引きなし
B-LENS1箱130円
(800円)
総額の
5%
200円代引きなし
レンズ
モード
1箱130円
(800円)
無料80円購入金額別
001
レンズ
1箱130円
(800円)
無料80円購入金額別
送料はプロクリアワンデーの場合。購入するコンタクトレンズによって変わることがあります。

必ずしも1番安い店を探す必要はありませんが、「1箱単価だけ見て販売店を決めると残念な結果になるかもしれない」のはお分かりいただけたと思います。

B-LENSは1箱1,845円。2,000円以下で買える!と喜んで4箱買ったら8,967円。1箱あたり2,242円です。
※あくまでプロクリアワンデーの場合

販売店ごとに力を入れているメーカーやブランドは異なります。

また、プロクリアワンデーはメーカー施策で取り扱える販売店が少ないですが、ジョンソン&ジョンソンだと倍以上の販売店があるかもしれません。

プロクリアワンデー以外のレンズをお探しなら、地道に1店舗ずつ計算するか、「総額」で計算している比較サイトを探しましょう。

クレジット払いとNP後払いで比較!プロクリアワンデー最安値はこちら

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました