プロクリアワンデー個人輸入の疑問「品質」について

プロクリアワンデー日本と海外の違い画像

 

中身の細かいことは分かりませんが、

使っている感じは今までと一緒です。

 

海外のサイトからプロクリアワンデーを買う人が増えているのは、

  • 処方箋の提出が不要
  • 価格がめちゃくちゃ安い
  • わざわざ買いに行かないくても自宅に届く

こんなメリットがあるからだと思います。

一方で、

  • 手続きが面倒なんじゃないの?
  • ちゃんと届くのか不安
  • 品質は大丈夫なの?

こんな不安があって購入に踏み切れない方も多いと思います。

 

注文の仕方は一般的な通販と同じで、特別な手続きは必要ありません。初めて海外サイトを使う方で登録や注文の仕方が不安な方は、別のページで解説しているのでご参照ください。

>>簡単!ベストレンズでプロクリアワンデーを購入するまでの流れを徹底解説!

 

ちゃんと届くかどうかは、全ての販売ショップを試したわけではないので分かりませんが、ベストレンズという販売店なら安心です。その模様をレビューしているのでご参照ください。
※他にレンズモード、グッドレンズも大丈夫でした。

>>ベストレンズの商品はいつ届く?日数や配送の感想・レビュー

 

今回は品質について紹介します。

ただし、これはメーカー内部の人間じゃないと実情は分からないので、私がプロクリアワンデーを使用した感想になります。

海外製品と日本国内販売品の違いは?

クーパービジョン・ジャパンの公式ページには、以下のように書かれていました。

Q :
今まで日本で購入していたコンタクトレンズと同じものが、海外でも購入できますか?
A :
バイオフィニティ、 バイオフィニティXR、 バイオフィニティ トーリック、 バイオフィニティ マルチフォーカル、 プロクリア ワンデー、 プロクリア ワンデー マルチフォーカル、 ワンデーバイオメディックス トーリック、 ワンデーアクエア トーリック は、海外でも同じものが売られています。(以下略)
https://coopervision.jp/faq/product-questions#3

つまり、「日本のコンタクトレンズ販売店で買ったプロクリアワンデーを海外でも買いたいなら同じものが買えますよ」ということです。

逆に、「海外で販売されているプロクリアワンデーと同じものが日本でも買えますよ、同じものを売っていますよ」ということにもなりますね。

コンタクトレンズの製造には厳しい基準が設けられているらしく、日本販売用だから特別丁寧にということはないでしょう。世界共通で品質への安全性には細かな配慮をしています。

でも、目で見て分かる違いもあります。

箱が日本人向けになっている

日本国内で買うプロクリアワンデーと海外流通品では、外箱に違いがあります。

プロクリアワンデー日本製と海外品の画像

上が日本のコンタクトレンズ販売店で買った外箱と中身です。
下がベストレンズで買った海外流通品です。

違いは1か所だけ。
「プロクリアワンデー」という日本語表記がされている点です。

 

裏面は全然違います。

プロクリアワンデー日本製と海外品の画像2

日本向けはとても丁寧な説明が書かれています。
これが日本でコンタクトレンズを売るために必要な記載のようです。

一方の海外流通品は、様々な言語でちょろちょろと何か書かれていますが、日本向けのような丁寧な説明はありません。

日本向けにはクーパービジョンの連絡先が書かれていますが、プロクリアワンデーのことで何か問い合わせをしたくても、海外流通品の場合は日本のクーパービジョンに問い合わせをしてもダメらしいです。問い合わせしたことありませんが・・・。

あと、日本向けはメイド・イン・USAになっていますが、海外流通品はメイド・イン・UKになっています。UKってイギリスでしょうか。製造している国が違うようです。

 

もういいと思いますが、どうせなのでもう少し。

プロクリアワンデー日本製と海外品の画像3

側面は同じです。
もちろんBC、DIAは同じ基準で作られています。

 

そして最後です。

プロクリアワンデー日本製と海外品の画像4

何の変哲もない添付文書です。

実は日本向けにはこと細かく記載された添付文書が入っていますが、海外流通品には添付文書は入っていません。

 

これらの違いをどう感じるかは、価値観によると思います。

しっかり日本人向けに細かな配慮がされている外箱や添付文書があることに価値を感じるなら、眼科やコンタクトレンズ販売店で購入した方がいいですし、必要なのはプロクリアワンデーと安い値段というのであれば、輸入した方がお得です。

海外流通品は、1つの箱でいろいろな国で使えるようになっていますが、日本向けは日本でしか使えないオリジナルパッケージです。国内で買うと値段が高いのは、これも1つの理由かもしれませんね。

使用感に違いは?

感じていません。

もう個人輸入したものばかりを使っているので、国内向けのプロクリアワンデーのつけ心地は覚えていません。でも、ずっと使い続けているので問題ないと思います。品質に差を感じません。

レンズを容器から取り出した時に表裏が逆になっていることはよくあります。これも記憶は定かではないですが、日本で買ったプロクリアワンデーでも同じだったような気がします。

実際に細かな違いがあるのかどうかはメーカーにしか分からないことなので、全く一緒とは言えませんが、日本で買っても海外流通品を買っても同じだと思います。

わざわざアメリカで日本人専用の品質で作るってことはないような気がします。それなら日本国内でメイド・イン・ジャパンにした方が断然価値が上がりますよね。

プロクリアワンデー個人輸入の疑問「品質」についてのまとめ

先ほども書きましたが、価値観は人それぞれなので、どこに価値を感じるか次第です。

アメリカで作ったプロクリアワンデーを日本国内で開封して、品質検査をするということはありませんし、どちらにしても海外製品ということです。

その上で日本語表記や添付文書があった方が気持ち的に安心できるなら、国内で買うべきですし、品質が一緒なら安い方を選びたいという方は個人輸入がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました